Dolomite社のチロリアンシューズ

中央アジア諸国(カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタン、トルクメニスタン)を対象といした仕事を受注した。出発時期は2月初旬、極寒の地なで、最も重要な足元をアイスバーン対応にするためチロリアンシューズを購入することにした。これならスーツでもおかしくないだろう。

往年のドロミテ社のチロリアンシューズ、ありました。商品名はDolomite Cortina。これで極寒の地、中央アジアでも足元はばっちりだろう。購入はこれからだけど、御茶ノ水と上野アメ横あたりで買えそうだ。
10数年前、いやもっと前だろうか、このチロリアンシューズはよく履いていた。しっかりした足元、ちょっとラフなところでもよし、泥をぬぐえばホテルへそのまま入っても、また、スーツでも適合する。
最初にチロリアンシューズを買ったのは多分、御茶ノ水の登山用品屋(グリーンライフスポーツ)だった。今もそのお店は存在し、ドロミテ社のチロリアンシューズを取り扱っている。そのときは、ドロミテ社のではなく、もう少し安いが、ドロミテ社のと同様、Vibramソールを使ったチロリアンシューズを推薦されたのでそれにした。最低でも二足は履きつぶした記憶。
写真上がドロミテ社、下が、今回知ったDanner社のチロリアンシューズ。
a0048719_16473261.jpg
a0048719_1648064.jpg

人気blogランキングへ
[PR]

by jardin2005 | 2007-01-13 16:45 | 東京

あけましておめでとうございます

昨日、御茶ノ水でチロリアンシューズ(今時こんな靴あるのかな?)を見るために途中下車、予想通りスキー売り場しか開いていなかったが、ちょっとしたものを発見。

神田錦町界隈(神田警察署付近)を少しばかり歩いてみた。現在の地図の下に江戸時代の地図も併記されてていた。それによると、この辺りは全て武家屋敷、2000坪から7000坪の屋敷の表示が地図から読み取れる。

もう少し歩いてみると、ビル谷間、東京電機大学の校舎がたくさんあった、を覗くとに小さな稲荷があり赤い提灯に「豊川稲荷」とあった。もう夕闇が迫っていたが、ノーフラッシュでぎりぎりだろう一枚撮影した。
a0048719_1540868.jpg

人気blogランキングへ
[PR]

by jardin2005 | 2007-01-03 15:38 | 東京