ウィーン空港の黄昏時

到着ロビーから外へ出るとそこはバス乗り場、背景には見慣れた灯台のような管制塔がそびえている。ソフィアからウィーンまでは1時間半程度、ちょうど日没時にウィーンに到着した。
a0048719_23424472.jpg

by iPhone4

にほんブログ村 全世界情報

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-08 23:46 | ヨーロッパ

スターリンがチャーチルに飲ませたアルメニア・ブランデー

飲んでしまったので空っぽです。
このブランデー、Ararat Nairiという20年物、アルメニアの代表的な産品です。ヤルタ会談でスターリンがこのブランデーを出席者に振る舞い、チャーチルが気に入り、その後毎年英国へ送らせたのがこのアララトブランデーです。当時、Nairiはなかったので他のカテゴリーだったのでしょうが、20年物以上でしょう。お値段もそこそこですがこれほどまろやかなブランデーにはなかなか巡り合えないという代物です。

ソ連圏ではアルメニアブランデーはグルジアワインと同様、名が知れています。
(ファイルからアップロード)
a0048719_23315257.jpg


にほんブログ村 全世界情報
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-08 23:22 | ユーラシア(ロシア・CIS)

Ararat Nairi

飲んでしまったので空っぽです。
このブランデー、Ararat Nairiという20年物、アルメニアの代表的な産品です。ヤルタ会談でスターリンがこのブランデーを出席者に振る舞い、チャーチルが気に入りその後毎年英国へ送らせたのがこのアララトブランデーです。当時、Nairiはなかったので他のカテゴリーだったのでしょうが、20年物以上でしょう。お値段もそこそこですがこれほどまろやかなブランデーにはなかなか巡り合えないという代物です。
a0048719_3112127.jpg


にほんブログ村 全世界情報
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-08 03:08 | ユーラシア(ロシア・CIS)

メロン by D700 + Micro NIKKOR 60mm

昨年、D700を購入し試し撮りをした時のメロン、涼しげですね。
a0048719_22554943.jpg


にほんブログ村 全世界情報
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-06 22:56 | art & design

モーツアルトも宿泊したウィーンの歴史あるホテル

このホテルは歴史があり、入口にモーツアルト(1767年)やリスト(1856年)等の著名人ゲストの名が刻まれている。それほど多くはないが、このホテルの歴史を反映している。ヨーロッパの都市ならではであろうか、東京では考えられない。200年以上前の建物が今もって改装さえすれば使えているなんて。
a0048719_0475469.jpg

by iPhon4

にほんブログ村 全世界情報

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-06 00:48 | hotel

ウィーンのスーパーマーケットの日本食コーナー

ホテルの近くにBillaというスーパーマーケットがあり、どんな品揃えだろうかと覗いてみた。そしたら、日本食品コーナーがあった、いったい誰が買うのだろうか。土産のチョコレートと一緒に試しに「あられ」を買ってみた。
http://www.billa.at/
a0048719_0193223.jpg


a0048719_0272297.jpg

by iPhon4

にほんブログ村 全世界情報

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-06 00:23 | ヨーロッパ

ウィーン天満屋の天丼とざるそば

5月初旬、ウィーンにトランジットで立ち寄った。ホテル近くの天満屋で天丼とざるそばで夕飯とした。
http://www.tenmaya.at/
a0048719_0141417.jpg
a0048719_0144714.jpg

by iPhon4

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストリア情報へ
にほんブログ村
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-06 00:14 | cafe & restaurant

リスボン郊外、カスカイスのビーチ

1985年9月、リスボンからユーラシア大陸最西端のロカ岬へ行った。リスボンの海側の路線、Cais do Sodre駅から鉄道で終点のCascaisまで行き、そこからバスでロカ岬まで行った。リスボンへの帰途、ビーチに立ち寄った。長い砂浜の海岸線には疎らな密度の海水浴客、のんびりとした様子だった。バスから鉄道への乗り換えた近くだった記憶なので、CascaisかEstril付近であろう。
a0048719_23485056.jpg

[PR]

by jardin2005 | 2011-07-05 23:49 | ヨーロッパ

ユーラシア大陸最西端のロカ岬

1985年9月、リスボンから郊外鉄道とバスを乗り継いでユーラシア大陸最西端のロカ岬へ行った。リスボンの海側の路線、Cais do Sodre駅から鉄道で終点のCascaisまでいき、そこからシントラ行きのバスに乗ればロカ岬の近くで降りられたが、そのバスがなく、他のバスで近くまで行きロカ岬まで数キロ歩いた。道も一本道のようなところだったので迷うこともなかったようだ。

断崖絶壁の岬、天気は良かったが風が強く波頭が白い大西洋を眺めた。訪れる人は少なく、私が滞在していた間は私以外誰も来なかった。何をするでも無し、ガイドブックにあったユーラシア大陸最西端の碑を見学した。

当時のメモには次のように記述している。
1985年9月11日水曜日、
シントラ行きバス無く途中下車しロカ岬まで歩く、
カスカイス浜、
リスボンに戻ってからFadを聞く

a0048719_2346254.jpg

にほんブログ村 全世界情報
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-05 23:46 | ヨーロッパ

D300とD700を手放す

2011年7月に入り、D300とD700を手放した。

2009年初頭、D300をAF-S Nikkor 18-200mm 1:3.5-5.6G EDとのレンズセットを購入、その後、2010年5月に念願のFXであるD700を購入した。

D300はD700を購入したので使用することはほとんどなくなり売却することに決めていた。D700は、今年に入ってD3の中古が入手できることになり、FX2台は必要ないことからD300と一緒に売却することにした。その他、使っていなかったSigma AF17-35D EX f 2.8-4 AsphericalとTokina ATX Pro 28-70 1:2.8も合わせて売却した。

Tokina ATX Pro 28-70 1:2.8は96年にF90X用に購入したレンズ、ある時ぶつけたので修理に出したところ、その間に出張しなければならなくなり、もう一つ同じレンジを購入した予備レンズであった。

Sigma AF17-35D EX f 2.8-4 Asphericalは、2004年にD100用に中古をヤフオクで落札したもの、最初から17から35が全開しないなと感じていたが、売却時に指摘されジャンク扱いとなった。

D300は1年半使用し、購入後2年半後に、D700は1年程度使用し購入後1年程度で売却した。D300とD700はそれぞれ16000、7000程度のシャッターを切っている。売却価格はD300レンズセットが購入価格の約30%、D700はボディのみで約68%であった。D300は使用しなくなった1年前に売却すべきであった、この手は品物は値下がりが早い。

D300は主にウズベキスタンをはじめとする中央アジアとアルメニアで、D700はアルメニアで使用した。日本では試し撮り程度だ。

a0048719_2359214.jpg

by iPhon4
[PR]

by jardin2005 | 2011-07-05 17:29 | camera & lens